失敗した人におすすめのダイエット法、ベジファースト

SITEMAP

美容

日焼け止めの塗り直し方

どんなにSPFやPAが高い日焼け止めを使っても、汗や摩擦で落ちてしまうと日焼け止めの効果がなくなります。汗や頬杖、髪をかき上げるしぐさなどで簡単に日焼け止めは取れます。日焼け止めの効果を得るには、SPFが高いものを使うよりもこまめな塗り直しが大切です。
では、メイクをした肌にどうやって日焼け止めを塗ったらいいのでしょう。
きれいな仕上がりにしたいなら、多少手間がかかりますが、部分的にメイクを落とすのがおすすめです。
クレンジングシートやクレンジングミルクをしみこませたコットンで、頬、額、鼻などを拭きとります。クレンジング成分が肌に残っていてそれが刺激になってダメージを当てるので、クレンジングシートやコットンで拭きとった後にウエットコットンで拭きとります。その後、日焼け止めを塗り直します。
ちょっと面倒ならウエットコットンに乳液をしみこませたものでメイクを拭きとります。この方法だと2度拭きとる必要がなく、保湿効果もあります。
メイクを落とさずに日焼け止めを塗ることもできます。スキンケアの後に色付きの日焼け止めをつけ、ポイントメイク以外はしません。軽くティッシュで拭きとるだけで塗り直しができます。
こまめに日焼け止めを塗っらないと日焼け止めの効果を十分に発揮できません。きれいに塗り直しをして美白肌を目指してください。

新着記事リスト

TOP